×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

EP82のおもひで


EP82(スターレット)は2番目に買った車です、初めて買った新車でもありました。
事故成金で手に入れたお金で購入(笑)
こいつが結構早かった〜、短命ではありましたが、こいつもなかなか楽しませてくれ
ました。


EP82は新車で購入した車で当然ノーマルから乗り始めました。
以前乗っていたKPに比べるとパワーもさることながらブレーキがしっかりしていました。
1300ながら135馬力(だったと思うが)もありすごかった。
手始めにいじったのはホイルワタナベのRS−8という3ピースのホイルを買った。
しばらくは、ノーマルのままで乗っていたが足回りを友達から譲ってもらいとりあえずそれで走っていた。
それから、純正のエアクリーナーを取っ払いストッキングで蓋代わりにした。
そうすると、ギヤチェンジのときに「プシュ!」と音が仕始めにんまりしていた。
それくらいで私の気が済むはずもなく、ついに禁断の(禁断じゃねぇだろ!)ブーストを上げるのであった。
EPの純正ブーストは約0,6ブーストカットがかかるのが0,9ブースト計を見ながら徐々にブーストを上げていき0,8ぐらいにしておいた。
これ格好効きます^^早いじゃん!
ノーマルでも結構早かったのにもっと早くなった、しかし、しかしである!ある事件が起こった!

その事件とは!事故っただけ(TT)、彼女(今の奥さんね^^)を連れてドライブ中1台のZが強引に抜いていった!その時私の心の中で「ブチ!」と何かが切れたのである!
アクセル全開!Zを追いかけた!
そして、コーナーが迫り来る!すかさずフルブレーキ!あれ?変な方向向いてるぞ?
おそらくタックイン状態になった物と思われる。
スピンしつつも立て直そうとするが無理、対向車線を走っていた大型トラックのタイヤがドンドン近づいてくる!「ウォーーーー!」「ガシャーーーン!」運良くタイヤにぶつかり、はね飛ばされガードレールに接触して止まりました。
幸い、彼女も私も4点式のシートベルトを着用していたのが良かったのか外傷はありませんでした(彼女の方はむち打ちになってしまった^^;;;)
車を降りて見てみるとフロント部分はぐちゃぐちゃになっており悲惨な状態でした。
ラジエターの水が赤かったのでまるで車がケガをしてを流しているようでした。

そうしてEP82は修理工場行きとなりしばらくは代車生活が続きました。
しかし、転んでもタダでは起きない男natsunanaは懲りずにまたチューンしていくのです。
まず、アクチェーターとブーストリミットカット、マフラーを購入、しばらくしてパワーフローをつけました。
このマフラーとアクチェーターのセットはすごかった!
1速2速とホイルスピン(雨の日は3速も)なのである。
最大ブーストは1,0Kぐらいに止めておきましたが、すさまじいパワーでした。

走行会
EPで1度ショップ主催の走行会に出ました。
場所はMINEサーキット、広いコース、対向車は来ないし(当たり前じゃ!)とても気持ちよく走れました。
テスト走行のあと、本番、ラップタイムもちゃんと計ってもらいます。
思いっきり飛ばしましたよ〜結果は3位でした、結局2位のシビック(VTEC)は抜けなかったのが悔しかったけど、まぁ健闘した方でしょう^^
1,2,4位がシビック、5位は友達のスターレット(EP71)でした。
最後の方はブレーキオイルが沸騰し、ブレーキ、スカスカの状態で走りました。(こえ〜)
しかも、広島から朝早く出たのでガソリンスタンドに寄らなかったためサーキットコースを走りながらもE線ランプフワァーっと点きだすし^^;
なんとか、ガス欠は免れましたがちょっと怖かったですね。
後日ショップにて3位の景品のオイルを受け取りウハウハで帰っていったのでした^^。

EP82の最後
EP82の最後はまぁ、私の不注意ですね。
天災です、そう忌まわしきあの台風19号なのです!
当時海辺の近くに住んでいた私は台風が近づいているので実家に帰ろうとしましたが
あまりに風邪が強く断念しマンションの横に車を置いたのでした。
夕食を済ませた頃、なんと停電になり、仕方ないので早めに寝ました。
うとうとと寝ていると何か外がうるさいと思って覗いてみると、一面!海!海!海!ま、まじ〜〜〜〜!急いで階段を駆け下りようとしても停電で真っ暗、足元もおぼつきません。
なんとか、壁を手探りで下まで降り車の近くにそうしたらすでに海水はのあたりまで来ていました。
車を見るともう完全に沈んでいます。
ものすごい脱力感、どうにもならないのでそのまま朝までほっておきました。
朝、見てみるとヘッドライトの中まで海水が入っていました。
当然、エンジンはかかるわけが無くバッテリーもありません。
仕方なく友達に引っ張ってもらい、車の中を水で洗いました。
しかし、海水で使った車体はもうすでにサビが出始め無惨な物でした。
幸い、車両保険に入っていたので保険料全額プラスアルファが出ました。
そのお金で次の車AE86レビンを買うのであった・・・

EPもあっけない最後でしたが、いい車だったと思います。
1300とは思えないほどのパワー(実際は160馬力ぐらい出ていたのでしょう)でターボ車の楽しみを味合わせてくれました。
足回りをもっとしっかりした物にしていればからり峠でも早いのではないかと思いました。
ターボはすげぇ!VVCの一ひねりでパワー上がるんだもん^^